「消滅時効の進行等(166条)」をイラスト付きで解説 | まなぶネットワーク

行政書士試験の過去問を漫画・イラストで対策

まなぶネットワーク
TOP /  民法 / イラスト講座 / 意思表示 更新日2017年8月28日
このエントリーをはてなブックマークに追加

行政書士試験の民法に関する知識ですが、その他資格試験でも有用な情報です。
公務員試験、司法試験、司法書士試験、宅建など

※民法改正について(平成29年6月2日公布)
改正点有り 166条
※下記解説は改正前の内容になります。

消滅時効の進行等(166条)

基礎を制する者は受験を制するということで、はじめに基礎知識と民法改正について解説をします。 それに対して、本知識で解くことの出来る過去問を並べます。 基本的な知識による問題は、本試験において最も重要度の高い問題です。落とすと一気に苦しくなります。

現行の民法 消滅時効の進行等(166条)

(消滅時効の進行等)
第百六十六条  消滅時効は、権利を行使することができる時から進行する。
2  前項の規定は、始期付権利又は停止条件付権利の目的物を占有する第三者のために、その占有の開始の時から取得時効が進行することを妨げない。ただし、権利者は、その時効を中断するため、いつでも占有者の承認を求めることができる。

権利を行使することができる時が、消滅時効の起算点となります。
試験対策上、時効の起算点は超重要論点です。

確定期限付きの債権

確定期限がある場合は分かりやすいです。
期限が到来した時が、権利行使のできる時になります。
売主は期限が到来したんだから、金払え!と権利を行使できますね。

不確定期限付きの債権

不確定期限の場合も、いつ期日になるか分かりませんが必ず期日は訪れます。
確定期限付きの債権と同様に、期限が到来した時が、権利行使のできる時になります。

期限の定めのない債権

「支払いはいつでもいいよ」という場合の代金請求権のことです。
債権成立の時から時効が進行します。

返還時期の定めのない消費貸借

「返すのはいつでもいいよ」と消費貸借契約をした場合。
期限の定めのない債権は、債権成立時から時効が進行しますが、
消費貸借の場合は、相当期間経過後から時効が進行することとなります。

不法行為による損害賠償請求権

被害者が加害者に対して有する損害賠償請求権がいつ消滅してしまうか。
被害者が「損害」および「加害者」を知った時から進行します。
いずれか一方でなく、双方を知った時から進行するというところが大事です。

債務不履行による損害賠償請求権

例えば、不動産の売買契約を4月1日にし、不動産の引渡日を6月1日とします。
引渡前の5月1日に売主の過失により履行不能となりました。
損害賠償請求権は期限の定めのない債権の一種とされています。
債権成立時から時効が進行することになりますが、損害賠償請求権の債権はいつ成立するかというと、

本来の債権の履行を請求することができる時に成立します。
上記図でいうと、不動産の引渡予定日の6月1日になります。

本来買主は履行不能がなければ、6月1日に引渡を請求できた訳です。

民法改正論点 166条

以下のリンクにて解説しています。
民法改正 第166条(債権等の消滅時効)について

今週から、月曜日「基礎知識」、水曜日「民法改正」、金曜日「行政法判例漫画講座」の順に更新をする予定だよ。

私の愛用した書籍シリーズ

2017年版出る順行政書士 合格基本書

2017年版出る順行政書士 ウォーク問過去問題集 1 法令編 (出る順行政書士シリーズ)

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 憲法

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 民法1一総則・物権・担保物権

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 民法2一債権総論・各論・家族法

公務員試験 新スーパー過去問ゼミ4 行政法

関係記事

- Powered by PHP工房 -