行政書士試験の過去問を漫画・イラストで対策

まなぶネットワーク
TOP  /  民法  / イラスト講座  / 109条の表見代理を理解するための6つのポイント  / 非転々予定型+委任事項濫用 
このエントリーをはてなブックマークに追加

行政書士試験の民法の過去問ですが、その他資格試験でも有用な情報です。
公務員試験、司法試験、司法書士試験、宅建など

非転々予定型

特定の者に代理権が授与され、 その者が利用するにあたり白紙委任状が交付されること。

最判昭39.5.23
109条を否定
参考:裁判所HP http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=53132

1.間接型―委任事項濫用

はあ、金が無いな。家を担保に借りようかな~。よし!カモさんから借りよう!
猫
いいよ、貸してあげるよ。抵当権設定したいから委任状ちょうだい。
猫
オッケー!はい委任状と印鑑証明書!
猫

委任状

私は、___________

を代理人と定め、以下の権限を委任します。

委任事項

下記登記申請に関する一切の権限
(抵当権の設定 他省略)

委任者 住所 たかし 実印

後日
色々あって僕の所に委任状と印鑑証明書が来たニャ・・・・
猫
これ使えばお金を借りられるニャ!!
猫

委任状

私は、_にゃん太_

を代理人と定め、以下の権限を委任します。

委任事項

下記登記申請に関する一切の権限
(抵当権の設定 他省略)

委任者 住所 たかし 実印

やったニャ!抵当権じゃなくて「根抵当権の設定」と「代物弁済契約」が出来たニャ!
猫
おい!なんで、にゃん太が代理人になってるんだ?俺はカモさんに頼んだだぞ!
猫

説明

たかし君はカモさんに不動産登記の手続に要する 書類(白紙委任状、印鑑証明書)を交付しました。

これらの書類は、転々と流通するものではありません。 そりゃ不動産登記の書類が転々と流通するのが一般的だなんて 誰も思いませんよね。

非転々予定型

たかし君はカモさんに登記手続を委任している。

間接型

カモさんが直接悪用していない。

委任事項濫用

抵当権の設定契約という権限の範囲を超えた契約がされており、 受任者欄も濫用されている。

結論

ここまで来ると、さすがに本人の帰責性も低いとされました。109条の表見代理は 成立しないと。本人は契約の責任は負わないということです。

もし、カモさんが直接悪用した場合は、たかし君に責任が生じる可能性があります。

また、たかし君が誰でもいいという趣旨で交付したような場合、 これも本人である、たかし君に責任が生じる可能性があります。

転々予定型

転々予定型

非転々予定型

1.直接型

2.間接型

(1)委任事項濫用(最判昭39.5.23)

(2)委任事項非濫用(最判昭42.11.10)

109条と110条の重畳適用(最判昭45.7.28)

関係記事

- Powered by PHP工房 -