行政書士試験の過去問を漫画・イラストで対策

まなぶネットワーク
TOP /  民法 / イラスト講座 / 民法
このエントリーをはてなブックマークに追加

行政書士試験の民法の過去問ですが、その他資格試験でも有用な情報です。
公務員試験、司法試験、司法書士試験、宅建など

【記述対策】「不法原因給付」について漫画風に解説【行政書士試験H25-問34-2】

行政書士試験の民法の記述試験において債権の分野は、 過去22問中12回(54%)出題されています。

まずは関係する過去問を読もう(平成25年度 問34 2)

正誤問題:Aは、配偶者がいるにもかかわらず、配偶者以外のBと不倫関係にあり、その関係を維持する目的で、A所有の甲建物をBに贈与した。

甲建物が未登記建物である場合において、Aが甲建物をBに引き渡したときには、Aは、Bに対して甲建物の返還を請求することはできない。

不法原因給付について漫画風に解説

不法な原因のため給付した者は、その給付したものの返還を請求することが出来ない(条文)。
ここでいうところの「給付」とは、何をもって「給付」となるのかが本事案での重要なテーマになります。
A『やっぱりこの前引き渡した未登記の不動産返してくれないかな。』
B『え?私たちの関係はどうするの?』
A『もう、終わりにしよう・・・』
B『そう!そういうことなら不動産は返さないわ!』
「未登記の不動産」の「給付」とは、引き渡しのみで足りるか?
不法な原因による未登記不動産の贈与は、引き渡しがあれば給付となる(判例)。

「既登記の不動産」の場合はどうなるか?
不法の原因により既登記不動産を贈与した場合、その引渡をしただけでは、民法七〇八条にいう給付があつたとはいえない(登記も必要)。

書面によらない贈与

「書面によらない贈与」もセットで学習しましょう。

(書面によらない贈与の撤回)
第五百五十条  書面によらない贈与は、各当事者が撤回することができる。ただし、履行の終わった部分については、この限りでない。

履行の終わった部分とはどういうことでしょうか?
履行とは、不動産であれば「登記」又は「引き渡し」のいずれかです。

頭の体操

不法な原因のため、不動産を書面により贈与した場合どうなるか考えましょう。
書面による贈与は撤回できませんが、不法な原因よる契約はそもそも無効です。
後は、給付されているかどうか判断すればよいので、不動産が「未登記」か「既登記」か確認を しましょう。

正誤問題:Aは、配偶者がいるにもかかわらず、配偶者以外のBと不倫関係にあり、その関係を維持する目的で、A所有の甲建物をBに贈与した。
甲建物がAからBに引き渡されていない場合に、A・B間の贈与が書面によってなされたときには、Aは、Bからの引渡請求を拒むことはできない。

記述の練習

Aは、配偶者がいるにもかかわらず、配偶者以外のBと不倫関係にあり、その関係を維持する目的で、A所有の甲建物をBに贈与した。 未登記の不動産の贈与の場合と、既登記の不動産の贈与の場合で、何をもって給付となるか下記文章に続けて 各20文字程度で記述せよ。

未登記不動産であれば、「      」。

既登記不動産であれば、「      」。

来週は不法原因給付についてさらに解説するよ!

民法のおすすめの教材

スーパー過去問ゼミ

民法は過去問だけでは演習不足になります。 スー過去は公務員試験の問題集になります。質、問題数ともに超お勧めです。
私は本書を何週もまわしましたが効果絶大でした。

関係記事

- Powered by PHP工房 -