行政書士試験の過去問を漫画・イラストで対策

まなぶネットワーク

平成28年 問6 憲法
難易度:ノーマル
更新日 平成29年4月

モチベーションサプリ 偉人の格言
 

問題
信教の自由・政教分離に関する次の記述のうち、 最高裁判所の判例に照らし、最も妥当なものはどれか。

  1. 憲法が国およびその機関に対し禁ずる宗教的活動とは、 その目的・効果が宗教に対する援助、助長、圧迫、干渉に 当たるような行為、あるいは宗教と過度のかかわり合いを もつ行為のいずれかをいう。
  2. 憲法は、宗教と何らかのかかわり合いのある行為を行っている組織ないし団体であれば、 これに対する公金の支出を禁じていると解されるが、 宗教活動を本来の目的としない組織はこれに該当しない。
  3. 神社が主催する行事に際し、県が公費から比較的低額の玉串料等を奉納することは、 慣習化した社会的儀礼であると見ることができるので、当然に憲法に違反するとはいえない。
  4. 信仰の自由の保障は私人間にも間接的に及ぶので、 自己の信仰上の静謐を他者の宗教上の行為によって害された場合、 原則として、かかる宗教上の感情を被侵害利益として損害賠償や差止めを請求するなど、 法的救済を求めることができる。
  5. 解散命令などの宗教法人に関する法的規制が、信者の宗教上の行為を法的に制約する 効果を伴わないとしてもそこに何らかの支障を生じさせるならば、 信教の自由の重要性に配慮し、規制が憲法上許容されるか慎重に吟味しなければならない。

全難易度表示
ベリーハード
ハード
ノーマル
イージー