行政書士試験の過去問を漫画・イラストで対策

まなぶネットワーク

平成28年 問36 商法会社法 商法
難易度:ハード
更新日 平成29年4月

モチベーションサプリ 偉人の格言
 

問題
商法の適用に関する次の記述のうち、商法の規定に照らし、誤っているものはどれか。

  1. 商人の営業、商行為その他商事については、他の法律に特別の定めがあるものを除くほか、商法の定めるところによる。
  2. 商事に関し、商法に定めがない事項については、民法の定めるところにより、民法に定めがないときは、商慣習に従う。
  3. 公法人が行う商行為については、法令に別段の定めがある場合を除き、商法の定めるところによる。
  4. 当事者の一方のために商行為となる行為については、商法をその双方に適用する。
  5. 当事者の一方が2人以上ある場合において、その1人のために商行為となる行為については、商法をその全員に適用する。

全難易度表示
ベリーハード
ハード
ノーマル
イージー