行政書士試験の過去問を漫画・イラストで対策

まなぶネットワーク

平成27年 問38 会社法
難易度:ハード
更新日 平成29年6月

モチベーションサプリ 偉人の格言
 

問題
取締役会設置会社(指名委員会等設置会社を除く。)であり、種類株式発行会社でない 株式会社の単元株式に関する次の記述のうち、会社法の規定に照らし、誤っている ものはどれか。

1.株式会社は、その発行する株式について、一定の数の株式をもって株主が株主総 会において一個の議決権を行使することができる一単元の株式とする旨を定款で定 めることができる。

2.株式会社は、単元未満株主が当該単元未満株式について残余財産の分配を受ける 権利を行使することができない旨を定款で定めることができない。

3.単元未満株主は、定款にその旨の定めがあるときに限り、株式会社に対し、自己 の有する単元未満株式を買い取ることを請求することができる。

4.単元未満株主は、定款にその旨の定めがあるときに限り、株式会社に対し、自己 の有する単元未満株式と併せて単元株式となる数の株式を売り渡すことを請求する ことができる。

5.株式会社が単元株式数を減少し、または単元株式数についての定款の定めを廃止 するときは、取締役会の決議によりこれを行うことができる。